青山学院大学理工学部合格 Kくん

体験記(在塾 2年8か月)

集団1回+個別2回(計3回)

1、いつ塾に入りましたか?

  高校1年生

2、どんなきっかけで入塾しましたか?

  英語が壊滅的だった

3、当時の成績はどれくらいですか?

  学年で40から50番ぐらい

4、体験授業を受けてどうでしたか?

 「文型を1つ1つ考えて読むんや、、、」と衝撃を受けた

5、その後、実際に授業を受けてどうでしたか?

  小手先のテクニックではなく、あくまで文型に沿って読むことを長文で1文1文していくので、力がついていくのが実感できた

6、受験で一番しんどい時期はいつですか?

  成績が下がりだした(高3の)11月と、親友があり推で先に進路を決めた2月15日

7、どうやって乗り越えましたか?

  友達とギャーギャー言いながら互いを奮い立たせた

8、実際、成績は上がりましたか?

  この塾でお世話になった英語に関しては、元々苦手だったところから、基本的にどこの大学の問題が来ても困らないようになった

9、塾に通ってみてどうでしたか?塾に通う前との違いは?

  英語のことはもちろん、他教科の相談や受験自体の相談などに夜遅くまでのってくださったりしてもらったのはとても助かりました

10、受験を通じて、何を学んだり、身につけたりしましたか?

  あきらめない力

11、今後の目標などはありますか?

  不本意な大学への進学となったけれど、そこで全力で学んで、自分の行きたかった大学にこの春から進学する人を4年後に追い抜くこと

12、まだ塾を知らない方に一言

  ここの塾は有名大手の塾と違い、個人個人に寄り添って受験を支えてくれるので、本当におススメしたいです。今の自分を変えたい、その気持ちがあるのであれば、それにしっかり応えてくれる塾です。

コメント 難関国公立大への挑戦、二人三脚で

入塾時、本人が言うほど壊滅的ではありませんでしたが、志望校が難関国公立大であったため、それに比べると、とにかく基礎ができていない状態でした。

入塾半年後に本人に相談し、高1の終わりに個別指導もとってもらってからは、それこそ二人三脚で進んできたつもりです。

地味な学習が苦手で、単語や文法の学習は本当になかなか進まず、順調ではありませんでしたが、それでも強制的にそんな地味な学習を継続。諦めたくなったこともあったと思いますが、それでも一度も志望校を変えず、結果、高2の2月の共通テスト模試では英語で177点まで伸ばしました。

そして高3の夏休みは、志望校の過去問と模試の問題を大量にやりこみ。長文は一気に学力を上げ、どんな模試やどんな大学の問題を受けても、本人が「難しく感じない」ところまでレベルをあげました。

最後、二次試験も「英語は完全にいけた」そうですが、本人が志望し続けた難関国公立大の合格は果たせませんでした。ただ二人三脚で、私自身も挑戦させてもらい、「本当にお疲れさま」と伝えました。

次は、自分の目標へ。ぜひ自分のやりたいことができるよう次の道でも「諦めず」、大きな挑戦をし続けてほしいです。あなたならできる。遠く離れていますが、いつでも応援しています。