中3生は全員合格

合格が当然すぎて

塾も数日お休みいただいたこともあり、ホームページでお知らせするのが遅くなりました。

合格当日は、朝一番で報告をくれた生徒も。合格は当然だと思っていても、生徒一人一人の頑張りは知っているので、やはりうれしいですよね。

高校の英語は問題なし

英語は、中3の夏から高校の内容に入っているので、

入試の翌日より高校の学習の基礎に再度取り組んでいますが、

どの生徒も順調です。ほとんど質問もなし。英語は、普通に取り組んで、学校のトップ層を目指してもらいます。

高校の数学も先取りを開始

また入試終わりで、 数学も高校の先取り学習を開始しました。春休み中に、最低でも1学期の基礎的な内容は学習済みの状態を目指してもらっています。できる子は、I・Aの全範囲を終わるべきです。

やはり悪戦苦闘していますが、学校の授業の前に悪戦苦闘していることが、高校数学の攻略のカギなので、やるしかないです。

春で緩んでいる子は注意

ただそうは言っても、塾の新高1生も、春休みで緩んでいる子が多いです。

ただ他の子たちと一緒の行動であるということは、同じような結果にしかならないということ。

もう結果の責任は自分でとる年齢だと思うので、

人より良い結果が得たいならば、最低人一倍頑張る必要はあるよね、と思っています。そしてできないのであれば、ただの高望みなので、それは甘えでしかないよね、とも思います。